サイズなどの注意点がある

配達できないサイズとは

大きすぎる荷物は、配達ができないと断られることが多いです。
では具体的に、どのくらいの大きさの荷物はダメなのでしょうか。
業者ごとに異なりますが、縦と横、高さの長さを合計して160cmを超えたら断ることが多いです。
不安だったら、自宅で荷物を計測してください。
各辺の長さを合計して160cmを超えていたら、梱包作業をやり直しましょう。

詰め方を工夫すれば、長さを短くすることが可能かもしれません。
また長さだけでなく、重さも荷物を送る時に関わっています。
ほとんどの業者は、25kgから30kgが限界値だと覚えておきましょう。
個の重さを超えたら配達してもらえないので、荷物を減らしてください。
数回に分けて配達を依頼するのも良い方法です。

業者を比較してみよう

宅急便の情報を比較することで、早くふさわしい業者が見つかります。
別の業者なら各辺の合計が160cm以上の荷物や、重さが30kg以上になっても配達してくれるかもしれません。
普段使っている宅急便ではダメだったら、すぐ代わりの業者を見つけてください。
探すと、意外と多くの宅急便が見つかります。
マイナーな業者は、サイズの大きなものも運んでくれるかもしれません。

少し高額になりますが、サイズの大きい荷物を運ぶプランを用意している業者も存在します。
比較することで、荷物を送る時の料金もチェックできます。
予算を先に決めて、それを超えない業者を探しましょう。
荷物を送ってくれる業者が見つかったからと、すぐに依頼すると予算を越えます。


TOP