いつ相手に届くのか計算しよう

時間が掛かることを忘れない

短くても、2日程度の時間が必要になります。
どのくらいの日数が必要になるのかは、移動する距離によって決まります。
近い場所に配達するなら、1日や2日で届きます。
ですがかなり離れている場所に送る際は、2日以上の時間が掛かると覚えておきましょう。
この日までに、荷物を送らなければいけないとタイムリミットが決まっている場合があります。

しかしタイムリミットの前日に配達を依頼しても、間に合わないことが多いです。
余裕を持って配達しましょう。
1週間ほど前に送っていれば、確実に間に合と思います。
どうしても時間がない時は、速達にできないか聞いてください。
速達は通常より費用が掛かりますが、優先的にすばやく配達してくれます。

届ける日を指定しよう

余裕を持って送っていれば、相手にいつ届くようにするか指定できます。
誕生日のプレゼントを、相手に送りたいと考えている人がいるでしょう。
その場合は早めに依頼して、誕生日に届くよう指定してください。
この日に届けてほしいと伝えれば、あとは宅配業者が何時送れば良いのか考えて配達してくくれます。
記念日のプレゼントは、やはり当日に届いた方が良いですよね。

こちらの希望を、しっかり相手に伝えることが重要です。
間違えて伝わると、記念日に誕生日を届けることができません。
大きな声で、ハキハキと伝えましょう。
必要であれば、メモを渡すのも良い方法です。
メモがあれば、業者も日にちを間違えることはないでしょう。
安心して任せられます。


TOP